骨が無い場合のインプラント 骨造成 再生 福岡市城南区

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
江川歯科医院(福岡県福岡市城南区) TEL
地図・駐車場 お問い合わせ・ご相談

骨造成

骨が無い場合のインプラント

  1. トップ
  2. インプラント
  3. 骨が無い場合の骨造成・再生

あごの骨がうすい、足りないと言われた場合でもあきらめないでください。当院では緻密な診査・診断・治療計画のもと、上顎の骨量が少ない場合の骨造成治療(サイナスリフトやGBR)にも対応いたします。骨がないとあきらめていた方でもまずはご相談ください。

CGFを使用した再生療法

CGF

当院では再生医療の機器「CGF」を導入しております。患者さんご自身の血液から、骨や歯ぐきの傷の治癒を早めたり、追加したりする再生ゲルを作る機器です。歯科分野や再生医療分野など多くの分野での応用が期待されております。

フィブリン
▲機械の遠心力を利用し、ご自身の血液から血小板とフィブリンを多く含んだゲルを取り出します。

この黄色いゲル単体で、歯ぐきや骨にあてがって縫ったり、下記でご紹介する骨補填材と混ぜて使用したりします。ご自身の血液から生成されるものなので、添加物(人工の材料)よりも安全性が高く、骨が出来るのを早めたり、傷口の治りが早いのが特徴です。

当院では以下のような治療の場合にこのCGFを使用しています。

*CGF:Concentrated Growth Factorの略

骨造成治療法の種類

当院で対応している骨造成法の種類には、主に以下のようなものがあります。

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

上顎の骨の上には(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。上の奥歯が無い場合、時間とともにこの空洞が拡大し、インプラントを埋入するのに十分な上顎の骨の量が足りなく(薄く)なります。これは歯がなくなることによる歯槽骨の吸収の現象です。

そこで、上顎洞に移植骨や骨補填材を造成して、上顎洞の底部分を押し上げ、骨が出来上がるのをまってからインプラントを埋入します。これがサイナスリフトという方法です。

骨が無い様子術後骨造成

サイナスリフト・レントゲン術後サイナスリフトの術後
▲当院でのサイナスリフト症例

スプリットクレスト

インプラントを埋め込むのに、骨の高さに十分ですが、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に行う処置です。

スプリットクレスト

自家骨移植について

インプラント治療はインプラント体を埋入する歯槽骨に十分な幅と高さすなわち量があることが治療の成功の第一条件です。埋入に必要な骨の量が足りない場合、身体の他の部分から採取した骨を移植することが行われます。

当院では骨移植に使用する骨は、患者さまご自身の骨(下顎骨のオトガイ部、下顎枝から採取)を利用してリスクのない骨の再生を実現することが可能です。

骨補填材(こつほてんざい)β-TCPについて

他人の骨や牛の骨など、生物由来の骨は使用いたしません。将来的な予後を考えた場合、どのような未知の感染源があるかわかりません。将来的な危険性のあるものは少しでも回避したいと考えております。

当院では、国産の骨補填材(こつほてんざい)β-TCPを使用しております。
β-TCPは自分の骨に置き換わる性質を持っている上に、化学合成のため感染リスクがなくきわめて安全な骨補填剤として、近年需要が高まっています。

骨補填材オスフェリオン

初めての方でもお気軽にご相談ください。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

江川歯科医院

江川歯科医院

福岡県福岡市城南区神松寺2-13-24

TEL

クリニック詳細・アクセス

ご相談・お問い合わせ

審美歯科 症例集

English Available

お取り扱いクレジットカード
カード払い
お支払いはカードもOKです

QRコード
http://www.blancetbeau.com/m/

携帯の検索で「江川歯科」と入力するか、上記のQRコードを携帯電話で読み取ると、直接携帯サイトへアクセスできます。

歯科医師 歯科衛生士 助手 求人

福岡市の閑静な場所に位置する医院で歯科衛生士・助手として働いてみませんか?

ページの先頭へ