歯周病・歯槽膿漏

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
江川歯科医院(福岡県福岡市城南区) TEL
地図・駐車場 お問い合わせ・ご相談

歯周病・歯槽膿漏

歯周病・歯槽膿漏

  1. TOPページ
  2. 歯周病・歯槽膿漏
歯周病

当院では、一般的な歯科医院とは違った「歯周病治療のアプローチ」を行っています。

一番は“歯周病にならないこと”なのですが、初期の自覚症状があまりなく進行するこの病気は「気が付いたら歯がグラグラ」と重度になることも少なくありません。

そのようなひどい症状の方でも、まずはあきらめずにご相談ください。福岡市内でなるべく歯を残したい方のためのお手伝いをさせていただいております。

当院で行う歯周病治療・再生療法

エムドゲイン(歯ぐきの再生)

歯ぐきの再生・術前術後

歯周病により失われた歯ぐきの中の土台である歯槽骨を再生させ、健康な状態に回復させるお薬です。ポイントは失った骨の量にあります。症状や部位にもよりますが、溶けた骨の量が1/4程度ならば、このエムドゲインで骨を再生できる可能性が高まります。

エムドゲイン

当院では、歯周病の症状をよく見極め、再生の期待が高いと診断した場合のみ、このエムドゲインを使用しています。当院で治療された患者さんの予後も非常に良いです。

GTR法

GTR

歯周病で喪失した歯槽骨・歯根膜を徐々に再生させ、健康な状態に回復させる手術です。メンブレンと呼ばれる膜を骨の無い場所に貼りつけ、歯を支える骨、歯根膜、歯ぐきの高さを再生させていきます。症状により、上記でご紹介したエムドゲインと使い分けを行っています。

人工骨による骨造成・再生(GBR法など)

骨造成

歯周病で失われた骨の無い場所に、粒子状の骨再生材料(骨補填材)を置き、歯を支える歯槽骨を再生させる方法です。主にインプラント治療と併用して行われることがあります。当院では、国産の骨補填材β-TCPという安全な材料を使用しております。

⇒骨造成・再生についてはこちらもご覧ください

当院で行う歯周病の進行止め・予防

歯石の除去・SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

SRP

歯周病の基本治療になります。歯石を取るだけ?…と思われるかもしれませんが、この歯石に歯周病原因菌が住みつき、その歯石が歯ぐきや骨に炎症を起こさせ、徐々に歯ぐきや骨が溶けていき、さがっていくというわけです。ですので、まずはこの歯石を丁寧に取り除いていくSRP(スケーリング・ルートプレーニング)という施術を行います。

スケーリングは歯にこびりついた歯石を専用の器具で取り除く方法、ルートプレーニングは歯石を取った後に歯の表面を滑らかにして歯石の再付着を軽減する方法です。

ご自身は歯が健康だと思っていても、目に見えない歯石が付いていることもありますので、歯科医師や歯科衛生士がルーペ(拡大鏡)を除きながら丁寧に取り除いていきます。このルーペ(拡大鏡)を使用している福岡県内の歯科医院は限られています。

歯周外科

歯周外科

歯周病で感染した歯茎や歯周組織の切除、移動、移植などの歯周外科治療を行い歯周病の進行を抑制します。この歯周外科治療では歯ぐきが下がったり歯が長くなったりすることもありますが、症例やご希望により、上記でご紹介した再生治療なども併用することがあります。

歯周病原菌検査

歯周ポケット内の総細菌数と歯周病原菌の比率及び細菌数を計り、歯周病のリスクを検査します。当院ではより正確な治療方針を決めるための細菌検査を行っております。

歯周病細菌検査

唾液検査(サリバチェックラボ)

サリバチェックラボ

上記検査に加え唾液緩衝能検査を行います。緩衝能とは酸を中和させる能力のことです。GC社のサリバチェックラボという検査キットを使用し唾液内の菌を検査します。

抗菌療法

フラジール

主に難治性歯周病と呼ばれる症状に対して行われます。一般的には、フラジールやジスロマック等の抗生剤を使用し、体内の歯周病原因菌を抑えている期間に、歯周ポケット内のクリーニングを行います。

歯周病はインフルエンザ等と同じ感染症であることから「内服による薬で抑制すればいいのでは」との考えから生まれた治療方法です。治療後は再度感染する可能性もありますので、定期的な検診が必要です。

歯周病の進行の仕方

下のイラストは歯周病が徐々に進行していく様子です。ご自身の症状はどのタイプに近いでしょうか。手遅れになる前に早めの受診をおすすめいたします。

健康な歯ぐき 歯肉炎 歯周炎 重度歯周炎
健康な歯ぐき 歯肉炎 歯周炎 重度歯周炎
健康な歯ぐきには、ステップリングと呼ばれる歯茎の表面にツブツブ状の小さなくぼみ見られます。健康的なピンク色で見た目もひきしまって弾力性があります。 歯肉炎の状態では、歯と歯ぐきの境目に、歯垢(プラーク)が付着し、炎症を起こします。歯ブラシした時や、固い食べ物を噛むと、出血することもあります。歯肉炎の状態では、まだあまり痛み自覚がありません。 歯周炎では歯垢(プラーク)が歯石化し、炎症が拡大します。歯根膜が溶けはじめ、歯周ポケットが広がっていきます。だんだんポケットが深くなり、歯ぐきの弾力もなくなり、炎症も進み、歯を支える骨である歯槽骨も溶け始め下がっていきます。 重度歯周炎では、歯周ポケットがさらに深くなり、炎症が進むみます。歯槽骨は大部分が破壊され、歯がグラグラしはじめ、歯の根も目に見えて分かるようになります。出血や膿、口臭も強くなります。

主な症状

初期の自覚症状がほとんど無い歯周病ですが、以下のような症状の場合、歯周病の可能性があります。

歯周病

まったく無症状の方でも、歯科医院の検査で、歯周病が初めて見つかるケースもあります。国民の成人の8割が歯周病を患っていると言われていますので、ご心配な方は早めのご予約をお取りください。福岡市内で歯周病治療の歯科医院を探されている方はぜひお問い合わせ・ご相談ください。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

江川歯科医院

江川歯科医院

福岡県福岡市城南区神松寺2-13-24

TEL

クリニック詳細・アクセス

ご相談・お問い合わせ

審美歯科 症例集

English Available

お取り扱いクレジットカード
カード払い
お支払いはカードもOKです

QRコード
http://www.blancetbeau.com/m/

携帯の検索で「江川歯科」と入力するか、上記のQRコードを携帯電話で読み取ると、直接携帯サイトへアクセスできます。

歯科医師 歯科衛生士 助手 求人

福岡市の閑静な場所に位置する医院で歯科衛生士・助手として働いてみませんか?

ページの先頭へ